ホテル予約はここまで簡単に、、!

ネットのおかげで、世の中においてホテルの予約がここまで簡単になったんですね、、。

つい少し前まではホテルの予約は結構頭の痛い問題でした。本をいくつも買ったり、お金をかけて海外に電話をしたり、などなどです、、。

でも今はパソコンか携帯があれば事足りるって感じですね。

豪華なホテルからホステルレベルのところまで、何万という宿泊施設が登録されています。

各施設数十枚もの写真は載っているので、行く前からほとんど全て分かってしまうんですね。その意味では本当に安心感を得ることができます。

地図や周辺の街並み、様々な観光スポットなどなどほとんど必要な情報は得ることができます。レビューなんかもあるので、それを読めば大きな間違いというのはまずないでしょう。

実に安心なんですね。。。。私の今までの経験で直前に予約をしてもまず問題はないですね。とにかく便利なシステムです。

この10年、20年でネットのおかげで人間社会の全ての法則が180度変わってしまいました。行く前から全てが分かってしまうなんてこの数百年なかったんじゃないでしょうか。

ネットが浸透する前はおそらく数百年はあまり制度自体は変化がなかったのではと察します。電話はなかったでしょうが、基本手紙や飛び込みで部屋を探したはずです。

それが行く前に全て分かってしまうなんて、尋常じゃないですね。人類に起こった最大の変革です。ネットは革命ですね。

ここまで簡単なホテル予約<ホテル予約サイトおすすめcom

今世紀に入って画期的に変わったホテル予約のシステム。現代の人間はラッキーですね。旅行全体のシステムやルール自体が完全に変わってしまいました。

ネットさえあれば全てOKです! 😄

英会話ができるとご褒美が、、

英会話ができると、様々なご褒美があるんですね。

自分の人生に対するご褒美なんですね、、。

砂漠って知ってますか、、? 日本人には鳥取の砂漠ぐらいしか思いあたりませんが、この世には想像を絶するような大きな砂漠があるんですね。

英語ができれば、どこにでも行って、いろんな経験をすることができます。その土地土地のいろんな人たちと会話をして、自分の知識の領域を大きくすることができるんです。

今日は砂漠について少し、、、。

私はアフリカや中国奥地の大砂漠などには行ったことがありません。行ったことがあるのは北米アメリカと、カナダ、それにオーストラリアでしょうか。

砂漠ってなんとも言い難い不思議な気持ちになるんですね、、。

砂漠に行くと自分の存在がいかに小さいものであるかを思い知らされます。自分が悩んでいることなんかどれだけ小さなことであるかを思い知らされるんですね。

そういう意味で、時々私は砂漠に行ってきました。

夕日が落ちる時のあの景色の素晴らしさ、、、朝日が上がる時のあの清々しさ、、。行ったものでないと分かりません。

小さな町のコーヒーショップに入って、その土地の人たちと会話をするのがとても楽しみなんです。ローカルな人たちとの話題は本当に素朴で面白いんです。

英語が好きになるサイトです<英会話教材おすすめランキング.com

コミュニケーションできることの楽しさを感じるでしょう。誰にでもそれぞれ違った人生があるんだということを感じると思います。

人生は前を見る以外にないですね。 😃

英会話力への挑戦!

飛行場って何か不思議な存在だと思いませんか、、、。

飛行場の向こうは外国という不思議な存在、、。 ここは日本、向こうは言語の違う別世界、、。

そう考えると、なんだかドラえもんのドアのようですね。

私は昔からそういう認識を持っていました。飛行機を降りた途端に別世界だなんて、外国に行かないとそんな経験はできませんね。

降り立ったところが自分たちの言語のみならず、習慣、建物に至るまで全て違う世界だなんて、、、、、と考えるとやっぱりドラえもんのドアっぽいですね。

まさに未知との遭遇です。

飛行場に行く時のあのワクワクとした雰囲気、、、。たまらないですね。

私は仕事柄2週間に一回は成田空港にごやっかいになっていたことがあります。そんなに頻繁に行っていたにもかかわらず、ワクワクする気持ちは変わらないんですね。何回行ってもそれは変わることはありませんでした。

成田空港が自分の庭のように思えていたあの頃、、。ここは現実、向こうに行けば非現実と言ったような感覚でした。

夢の世界に行くような気持ちだったのですね。本当に、飛行場は夢と現実との境にあるのです。

日本は日本語、飛行機を降りれば少なくとも英語でなんでも通じる世界なのです。

英語は世界へのパスポートなんですね。英語万歳です!

参考資料<英会話ベスト教材.com

これさえマスターすれば、ドラえもんの別世界にだって行けるんです。

この世で最高の平和の武器なんです。

booking.comとバックパッカー

バックパッカーってなんのことかって思ってる人もいるでしょうね。

そうなんです、あまり日本人には馴染みのない言葉かもしれません。でも欧米の若者たちにとっては結構馴染みのある言葉なんですね。

大きなリュックのことをバックパックと言いますが、バックパッカーはまさに大きなリュックをかついだ連中のことを言います。必要なものを全て一つのバックパックに入れて長期間の旅行に出ることなんですね。

海外の若者は大学を出ても、必ずしもすぐに社会に出るわけではありません。1〜2年自分探しの旅に出たりするんですね、、そういう連中は結構います。

大学に在籍していても、同じようなことをする連中も結構います。杓子定規に大学を出たら就職をするといった日本式の就職活動は世界では一般的というわけではありません。

また、日本人は結構ちゃんとしたホテルを選びますが、海外の旅行者はホステルのようなところを好んで選ぶ連中も少なくありません。

なぜか、、、? ホテルは孤独ですが、ホステルは仲間がたくさんいるんですね。ホステルに到達すると同時に仲間ができるんです。

この感覚はそう簡単に理解できるものではないですね、、、。日本人には馴染みのない旅行スタイルですが、、世界の様々な人たちと知り合うには結構素晴らしいシステムなんですね。

それにはbooking.comさえあれば十分です。

参考資料<ホテル予約booking.com

未知との遭遇!

未知なる世界を見るために旅行に行くなんて素晴らしいですね。それも決して豪華な旅行で行く必要もありません。

今日はバックパッカーの旅行について少し、、、。

私の友人が世界一周の旅に出ています。彼女はカナダの人間ですが、まずはインドネシアのバリから始まり、ベトナムを縦断、現在はタイに滞在しています。

東南アジアの旅なんて結構物騒かなと思っていたのですが、意外と快適に送っているんですね。バックパッカーのシステムというのは結構ちゃんとしているのかなという印象です。

泊まるところもネットでちゃんと予約を取れるようになっていますし、宿泊所の写真なども結構何枚も見れるようになっています。

ネットのおかげで、様々なことが本当に便利になってきたんですね。

宿泊所はどこも結構綺麗で、料金もリーズナブルです。

日本人はどちらかというとこういうバックパッカーというのはあまり馴染みがないですね。どうも日本人は豪華な方向に行ってしまうのかなとも思ってしまいます。

向こうでは、そういうホステルなどに到着すると、様々な国から来た人たちに会うことができます。気の合った仲間も必ずできるので仲間でわいわいといったことがすぐに始まるわけです。連れ立って食事に行ったり、ビーチに行ったり、一人で寂しくなんてまずないんですね。

バックパッカーというものをもう一度見直してもいいんじゃないでしょうか。。

未知の世界を発見しに行くのはこの手ですね、、、。

ウエディングコンシェルジュの力!

ウエディングコンシェルジュって知ってますか?

結婚の決断をするって大変ですよね、、、、。悩み事が次から次へと頭に浮かんできます。

結婚っていう世の法律に束縛される人生に入り込んでいいのかなってことさえも考えてしまいます。相手を好きかどうか、などなど、最後のあがきじゃないですけどね、、、。もう一度自分の人生についてどうしても考えてしまうんですね。

みんなそうなんです、誰でも通過していくことなんですね。なんの迷いもなく結婚に邁進するなんてあまりないことだと思います。

最後の最後でいろいろと考えてしまう、、、それが普通の人間なんですね、、。

私もそういう人間の一人でした、、。結婚に関してやっていかなければならない様々なプロセス。面倒臭いことの連続、、、。。。。結局のところ私の場合は全てを簡略化して結婚にたどり着きました。

二人で区役所に行くというただそれだけのプロセス。あの時点ではそれ以上の方法は私たちには浮かばなかったんですね、、。お互い結婚式というものにそれほど憧れがなかったのも事実ですが、、どうもお金と時間を使って結婚式をするっていう世間一般の常識に魅力を感じなかったんですね、、、。

中身があれば式なんて、、って感じですが、ウエディングコンシェルジュなんて言葉を知っていたら私たちの思い出も少し違ったかもしれませんね。

こんなサイトを見つけました。<ハナユメウエディング.com

もっといろいろ調べていたら、、私の人生も変わったかもしれませんね。

ぜひプロの意見を聞いてください!

ニッポンレンタカー沖縄!

沖縄って実にいろいろあるんですね、、、。というと何か具体的じゃないですが、、。

魅力は何といっても海の美しさと、異国情緒でしょうね。日本にいながら外国を味わえるってそうはないですよね。

北海道から鹿児島まで、街の外観や雰囲気に何か共通するものを感じます。でも沖縄って空港に降り立った時から異国の雰囲気があるんですね。こう言う気持ちになれるのは日本では沖縄を置いて他にはないと思います。

沖縄と一口に言っても結構広いんですね、、。沖縄本島から石垣島まで500キロほどもあります。その間にも様々な島が点在しています。みんなそれぞれ少し違った文化を発展してきたんですね。

私は石垣島に何回も訪れたことがあります。街もそれなりのサイズがありますし、島も結構大きいという感触です。夜の飲み屋街なども結構あるのでブラブラするのには適度なサイズです。

ここまでくるとやはり西表島まではいかないとダメですね。とにかく大自然がそのまま保存されているので、一度密林の中に入ってみることをお勧めします。

沖縄はどこに行くにも車がどうしても必要になります。鉄道らしきものは殆どないんですね、、なぜないのか、、、。不思議に思うこともあります。

沖縄本島はそれなりのサイズがあるので鉄道を引こうと思えば引けたのかとは思うのですが、、、採算面でしょうね、、。でも那覇にはモノレールができたので新たな可能性として注目されています。

沖縄での車は必需品です。参考資料<ニッポンレンタカー沖縄.com

ここなら悔いを残すことはないですよ、、、。!

一番のプロに任せた方がいいに決まっています。。。