アウトドア教室 子供

アウトドアっていうのは本当に教室みたいなものなんですね。

教科書のない教室ということです。これほど教科書のいらない自然の教室なんて他にないでしょうね。

日常の現実から離れて、まったく違う世界に行くこと、、それだけでも大変な経験になっているはずです。

テントを設営する時の手間、、、火を起こす時の手間などなど、日頃の私たちの生活の中ではやる必要もないことをあえてやる、、。これがいいんですね。

現代社会があまりにも便利になりすぎて、自然の恵みをじかに感じることがほとんどなくなった現代社会。不自由と感じることがあまりない現代社会においては、こういうことは貴重です。

なんでもすぐに手に入ってしまうという感覚がみんなの頭にできてしまったのでしょうね。

寝ようと思えばベッドに横になればいい、火を起こしたければ台所に行けばいい、、、とそれしか感じない子供たちも現代社会では結構いるのです。

先日もあるメディアで子供がこう言っているのを聞きました。野菜を買いたければ近くの店に行けばいい、、、魚を買いたければ魚屋さんに行けばいい、、、

戦時中の食糧難が理解できないという内容でしたが、、、ただただ愕然としました。

少しでも、自然の恵みを経験する体験をすることは、現代社会にとってはとても大事な事なのです。

アウトドアは教室なんです。参考資料<アウトドア体験ツアー.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です